商品紹介・御案内

AKASAKA MITOKO
赤坂水戸幸

東京都港区西麻布3-5-42
google map »
TEL 03-3403-9829
FAX 03-3403-9820
営業時間 9:00-17:00
休日 日曜日、祝日
但し土曜日は不定休

美術品商許可 No.
 東京都公安委員会 30111580

所属美術倶楽部
 東京美術倶楽部
 大阪美術倶楽部
 京都美術倶楽部
 名古屋美術倶楽部
 金沢美術倶楽部

青磁蓮形香炉

SONY DSC

青磁とは、青磁釉を施した磁器のこと。
透明感のある青緑色の磁器で、紀元前14世紀頃の中国(殷)が起源とされる、後漢代に流行し以後次第に普及した。 製造技術は日本や高麗にも伝播した。宋が華北を失陥し青磁の産地だった江南へ中心が遷った南宋時代が最盛期である。その後輸出用などに大量に制作された。この香炉は、蓮をモチーフに作成されており、銀製の火屋も蓮の中心の形をそのまま写している。

SONY DSC

重要美術品

藤原俊成筆 昭和切

SONY DSC

SONY DSC

古今和歌集の断簡で、素紙に書かれている。もとは上下二冊の綴葉装の冊子本。「昭和切」の名は、昭和3年に上巻一冊が分割された、その分割された年号にちなんでこの名が付けられた。その書風は、線の太細を極端につけた迫力のある大胆な書きぶりながら、とてもリズミカルである。強く反り返るような独特な字形は師である藤原基俊の書風の影響をかなり受けているように見える。了佐切に比べるとやや若々しさを感じさせる筆跡である。同筆者で他には日野切がある。この掛け物は、小野小町の有名な歌の部分の断簡である。

昭和15年に山種美術館の山崎種二氏の所蔵の際に重要美術品に認定されている。
(読み)
小野小町
花の色は 移りにけりな いたづらに
わが身よにふる ながめせしまに
仁和寺の中将の御息所の家
に歌合せむとしける時によめる
そせい
惜しと思う 心は糸に よられなむ
散る花ごとに ぬきてとどめむ

SONY DSC

 

« 古い記事 新しい記事 »